TOP > 美容整形 > 豊胸 > 豊胸手術の手術法

豊胸手術の手術法

痩せるにはダイエットを行って自分で効果を出すと言う事も場合によっては可能ですが、胸を大きくする事は自分だけでは難しいでしょう。

そこで、豊胸手術を利用する事で効果を得る事ができます。豊胸手術と言えばとても大変そうだなと思われるかもしれません。

しかし、手術は複数の方法が用いられており、自由に選ぶ事ができます。以前はメスを使って行われる手術が多かった様ですが、現在ではメスを使わないで行う事ができる手術もあります。場合によっては注射を利用するだけで済ませられる場合もあります。

これなら手術はちょっと避けたいという人でも、手軽にできそうですね。技術が発展した事により、患者は簡単に自分の思い通りのスタイルに変身する事ができる様になりました。

今後も美容整形において素晴らしい技術は開発され続けるでしょう。

脂肪注入する豊胸術の特徴

美容外科が行っている豊胸術には、様々な方法があります。その中でも、脂肪を注入する方法には多くのメリットが存在します。脂肪を注入する方法のメリットと言えば、違和感のない胸を作れることでしょう。シリコンバックやヒアルロン酸は、体内に影響がなくとも、少なからず触った触感が違うことに気付きます。

ですが、自分の脂肪を胸に注入するのですから、人体に影響がなく元々あった脂肪と馴染むことによって、違和感のない触感を作り出せます。また、脂肪注入法では豊胸の成功率が高位ですが、その分手術に掛かる費用が高いので、行う際には注意しましょう。

脂肪注入の豊胸術で違和感のない胸になれる

美容外科で受ける豊胸術は、その方法によって触感の違いがあります。いくら人の胸に近い触感だからと言っても、異物を入れているのであるのは変えられません。ですが、最近ではその違和感をなくした豊胸術が、開発されました。それが、自分の脂肪を注入する方法です。

これには、必ず効果が実感したい方は、幹細胞を含んだ脂肪の注入がおすすめです。幹細胞が加えられないと、脂肪の定着率が低くなり、理想的な大きさに近づけない可能性があります。ですが、その点を改善したのが、幹細胞を加える方法です。違和感をなくしたいのならば、脂肪注入の豊胸手術がおすすめです。

豊胸術を受けると言うこと

近年、日本の女性の体形の変化に伴いバストは昔と比べて随分大きくなったと言われており、日本女性のバストの平均サイズはBカップですが、若い世代にはDカップ以上のバストを持つ女性も増えています。そんな中でも、やせ型の女性が増えていることもあり、胸の大きさに悩む方もまだまだ沢山います。

また、バストのサイズにかかわらず、授乳によって胸が垂れてしまったり、中高年になり胸に張りがなくなってしまう女性も多いです。バストアップのサプリメントや運動もありますが、確実に効果を出したい場合は、美容外科で豊胸術を受けることが有効です。

豊胸術後のケアと注意点

直立二足歩行をする我々人類にとって、胸は尻に代わるセックスシンボルに成り代りました。そのため、胸が小さなことがコンプレックスの女性にとって、美容外科での豊胸術というのは闇の中の一点の光のように見えるかもしれません。

しかし、豊胸術は魅力を手にする反面、アフターケアが重要となります。それは安静とマッサージです。シリコン注入では身体は異物を取り除こうとします。脂肪注入では注入した脂肪はすぐには定着せず大変不安定です。そのため、マッサージをすることで、バストが硬くなってしまう硬縮を防ぎ、動きが自然で形の良いバストを保つことが可能になります。

豊胸関連

MENU